2012.01.24

問題児バロテッリ、暴力行為で4試合の出場停止処分か

 FA(イングランドサッカー協会)は23日、マンチェスター・Cのイタリア代表FWマリオ・バロテッリに処分を科すことを発表した。

 バロテッリは、22日に行われたプレミアリーグのトッテナム戦で決勝点をマーク。勝利の立役者となっていたが、試合中にMFスコット・パーカーの頭部を故意に踏んだ疑いが持たれていた。

 この試合の主審であるハワード・ウェブ氏は、バロテッリに処分を与えなかったものの、FAはこの行為を重く見ており、バロテッリに4試合の出場停止処分を科すと見られている。なお、バロテッリは25日の18時まで異議申し立てを行うことができる。

 トッテナムのレドナップ監督は試合後、「彼は頭を蹴りつけたんだ。人の頭を蹴るような選手について話すことは好きではないが、間違った行動であることは明らかだ」と激怒している。

[写真]=Getty Images

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る