FOLLOW US

デル・ピエロが新記録樹立のトッティを祝福「偉業に値する選手」

 ユヴェントスに所属する元イタリア代表FWアレッサンドロ・デル・ピエロが、同一クラブでの最多ゴール数の新記録を樹立したローマの元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティの偉業を称えた。FIFA(国際サッカー連盟)の公式サイトが伝えている。

 トッティは、21日に行われたセリエA第19節のチェゼーナ戦で2ゴールを挙げ、ローマでセリエA通算211ゴール目を記録。元ミランのグンナー・ノルダール氏が保持していたセリエAでの同一クラブ最多ゴール数を更新した。

 デル・ピエロは、トッティの偉業について、「フランチェスコが成し遂げたことは素晴らしいよ。彼は、211ゴールを同じユニフォームで決めるに値する選手だからね」と絶賛した。

 また、25日にコッパ・イタリアの準々決勝でローマと対戦することにも言及。「我々にとって重要な目標であるから、良いプレーができるように全力を尽くすよ」と試合への意気込みを語っている。

 今シーズンのユヴェントスは、折り返しを迎えたリーグ戦でも無敗で首位を走る好調ぶり。しかし、デル・ピエロは、「冬の王者といっても、何の意味はないよ。シーズンの終わりで、王者になることが重要なんだ」とコメント。続けて、「ただ、我々全員がそのことを理解しているが、折り返しでどこかの後塵を拝するよりも、トップにいたほうが良いとは言えるけどね。達成してきたことには満足しているけれど、立ち止まることはないよ」と、後半戦へ向けて、気を引き締めた。

 デル・ピエロは1993-1994シーズンからユヴェントスに所属。セリエAでは185ゴールを記録している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO