2012.01.23

レドナップ、パーカーを踏んだバロテッリに激怒「間違った行動」

 トッテナムを率いるハリー・レドナップ監督は、22日に行われたマンチェスター・C戦の終盤にMFスコット・パーカーを踏んだ相手FWマリオ・バロテッリの行動が「意図的だった」として痛烈に批判した。イギリス紙『ガーディアン』など複数のメディアが報じている。

 試合は後半から激しさを増し、迎えた終盤に“事件”は起こった。バロテッリはパーカーともつれ合い、倒れ込んだパーカーの顔面を踏みつけたように見えた。レフェリーはバロテッリに処分を科さなかったものの、VTRを見たレドナップ監督は激怒。バロテッリが退場すべきだったかと問われた際には、「そう思う。しかも彼がこういったことをすることは初めてではないだろ?そしてこれが最後にならないということも確信している」とコメント。

 さらに、「ラインズマンがあの行為を見ていなかったなんて驚きだよ。最初の接触はアクシデントだった。しかし2度目はどうか?彼は頭を蹴りつけたんだ。人の頭を蹴るような選手について話すことは好きではないが、間違った行動であることは明らかだ」と話し、バロテッリを痛烈に非難している。

 しかもバロテッリはロスタイム、PKを獲得し、自ら決勝点を決めることになる。この件についてレドナップは、「PKだったのは確かだ」と話したものの、「だが彼はピッチにいるべきではなかった選手だ」と、怒りを露わにしている。

 先日、スペインで行われたレアル・マドリード対バルセロナでは、ペペがリオネル・メッシを意図的に踏んだのではないかとして大きな問題となった。今回の試合も首位のシティと3位のトッテナムが対戦する大一番として注目を集めていただけに、クラシコに次ぐビッグマッチでの“疑惑”は波紋を呼びそうだ。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る