FOLLOW US

香川、華麗なアシストとアクセントでドルトムントを大勝に導く

 ブンデスリーガ第18節が22日に行われ、ドルトムントはハンブルガーSVのホームに乗り込んだ。

 ドルトムントの日本代表MF香川真司はトップ下の位置で先発出場。序盤からハンブルガーSVを圧倒してチャンスを構築するドルトムントは16分、バイタルエリアでボールを持った香川が絶妙のパスを通し、ケヴィン・グロスクロイツが決めて1点を先制する。

 勢いの止まらないドルトムントは37分にロベルト・レヴァンドフスキが追加点を挙げると、58分には香川がアクセントをつけたボールがレヴァンドフスキを経由してヤクブ・ブラスチコフスキへと繋がり、矢のようなシュートがゴールへと突き刺さった。

 試合を決めたドルトムントはその後も2点を追加し、最終的には5-1で快勝。無敗記録を12試合に伸ばし、首位のバイエルンに勝ち点で並んだ。

 なお、香川は終始自身の持ち味を発揮して81分までプレー。得点を生み出す活躍で、2012年のスタートを最高の形で切っている。

[写真]=Getty Images

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO