2012.01.20

ラツィオ幹部が本田、ザゴエフ獲得交渉のためロシアへ…CSKAは中盤を補強

 ラツィオがCSKAモスクワの日本代表MF本田圭佑、同クラブのロシア代表MFアラン・ザゴエフのどちらかの獲得に本腰を入れていることが19日、分かった。イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。

 同紙によると、ラツィオのイグリ・ターリSD(スポーツ・ディレクター)が、移籍交渉で決定権を下せる権限を持つクラブ事務長のアルマンド・カルヴェリ氏とともに、ロシアに向かったことが判明している。

 中盤の補強を試みているラツィオは当初、ブラジルの名門サンパウロのMFカセミロの獲得を目指していたが、サンパウロが放出の意思がないと表明し、獲得は暗礁に乗り上げた。このため、ラツィオは今冬の移籍市場のターゲットを本田とザゴエフに切り替えたと見られており、ザゴエフとの交渉が難航していることや、アジアを代表する選手を獲得することで得られる商業的利益やマーケティング戦略のことを考えれば、本田の獲得に傾くのではと伝えている。

 この動きに呼応するかのように、CSKAモスクワはAZのスウェーデン代表MFポントゥス・ウェルンブロームを獲得したと発表。これが本田、あるいはザゴエフ放出に向けての準備かもしれないと同紙は考えているようだ。

 本田の代理人を務めるマイケル・スティーヴンス氏は、「現時点でラツィオとCSKAモスクワが交渉を行っているかは分からない」と答えながらも、「だが、私が言えることは、ラツィオへの移籍がうれしい解決策となるということだ」とラツィオからの関心を好意的に受け止めている。

[写真]=Getty Images

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る