FOLLOW US

アーセナルが2試合連続の逆転負け…アンリ投入も実らず

 プレミアリーグ第21節が15日に行われ、FW宮市亮が所属するアーセナルは、スウォンジーと対戦した。

 試合は、5分にロビン・ファン・ペルシーのゴールでアウェーのアーセナルが幸先良く先制点を奪取。しかし、スウォンジーも16分にPKで同点とすると、58分にはネイザン・ダイアーのゴールで勝ち越しに成功する。

 逆転を許したアーセナルは、ティエリ・アンリらを投入して打開を図ると、69分にテオ・ウォルコットが同点ゴールを挙げる。しかし、喜びも束の間、直後の70分にスウォンジーに再度勝ち越し点を奪われ、試合は結局2-3で終了。アーセナルは、前節のフルアム戦に続き、逆転負けを喫した。

 この結果、2連敗となったアーセナルは、クイーンズ・パーク・レンジャーズをホームで1-0と破ったニューカッスルに勝ち点36で並ばれ、得失点差で辛くも5位を維持することになった。

 なお、宮市はベンチ入りメンバーから外れている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO