FOLLOW US

引き分けのユヴェントスがミランをかわし3試合ぶりの単独首位

 セリエA第18節が15日に行われ、ユヴェントスはホームでカリアリと対戦。1-1で引き分けた。

 試合は、7分に鮮やかなパスワークでカリアリ守備陣を崩したユヴェントスが、ミルコ・ヴチニッチの得点で先制に成功。しかし、その後は追加点を奪えぬままに前半を1-0で折り返すと、後半早々の48分にはカリアリのアンドレア・コッスにミドルシュートを叩き込まれ、同点に追いつかれてしまう。

 同点とされた後も攻撃陣が沈黙したユヴェントスは、結局ホームで1-1の引き分けに終わった。しかし、勝ち点で並んでいたミランがインテルに敗れたため、ユヴェントスが勝ち点1差で3試合ぶりの単独首位に立っている。

 その他の試合では、3位ウディネーゼがアウェーでジェノアに2-3で敗れ、リーグ戦7試合ぶりの黒星。ラツィオはホームで2-0と勝利し、4位をキープしている。

 この結果、ユヴェントスが勝ち点38で首位に立ち、1差でミラン、3差でウディネーゼが追いかける形に。ミラノ・ダービーに勝利したインテルはユヴェントスと勝ち点6差の5位につけている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO