FOLLOW US

リーガ・エスパニョーラ2強、IFFHSが選ぶ世界クラブランキングでワンツーフィニッシュ

 IFFHS(国際サッカー歴史統計連盟)は12日、2011年の世界クラブランキングを発表し、バルセロナが前年の3位から1位に上昇し、2009年以来2年ぶりに年間最優秀クラブの座に輝いた。バルセロナは2007年にも1位となっており、2年おきに王座に輝いている。

 また、2009年は23位、2010年は11位とトップ10から外れていたレアル・マドリードが、今回は大きくジャンプアップし2位に入った。これにより、リーガ・エスパニョーラの双璧がワンツーフィニッシュを果たした。

 一方、その他のスペイン勢ではトップ10はおろかトップ20入りしたクラブも無く、2強とそれ以外の差が改めて浮き彫りとなった。なお、100位以内では、26位にアトレティコ・マドリードが、33位にビジャレアルが、53位にバレンシアが、75位にアスレティック・ビルバオが、84位にセビージャがそれぞれ入っている。

 また国別では、8クラブがランキングに入ったイングランドが首位となり、以下7クラブのスペインおよびブラジル、5クラブのイタリアおよびフランスが続いた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA