FOLLOW US

コパ・デル・レイ準々決勝でバルサ対レアル…今季4度目の“クラシコ”

 12日にコパ・デル・レイのベスト16第2戦が行われ、バルセロナが2-1でオサスナに勝利。合計スコア6-1で勝ち上がりを決め、準々決勝でレアル・マドリードと対戦することになった。

 ホームでの第1戦を4-0で終えているバルセロナは、主力を温存して第2戦に臨んだが、41分に失点し、0-1で前半を折り返す。それでも、後半立ち上がりの49分にアレクシス・サンチェスが同点ゴールを決めると、72分には途中出場のリオネル・メッシのスルーパスからセルジ・ロベルトがゴールネットを揺らし、逆転に成功した。

 これで、バルセロナとレアル・マドリードのクラシコが行われるのは今シーズン4試合目となり、過去3試合はバルセロナの2勝1分け。昨年8月に行われたスペイン・スーパーカップでは第1戦が2-2の引き分け、第2戦は3-2でバルセロナが勝利しており、昨年12月に行われたリーグ戦ではバルセロナが3-1で白星を飾っている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA