FOLLOW US

テベス獲得へインテルに続きミランも本腰…副会長が直接交渉へ

 マンチェスター・Cに所属するアルゼンチン代表FWカルロス・テベスの獲得に向け、ミランのアドリアーノ・ガッリアーニ副会長が直接交渉に乗り出したようだ。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

 同紙は、ガッリアーニ副会長がテベス獲得交渉のために、イングランドに向かったと報道。テベス本人とは合意に至ったとされるミランだが、マンチェスター・Cへ提示した条件では、同じく獲得を目指すインテルを下回ったと伝えられている。

 テベスの獲得について、インテルのマッシモ・モラッティ会長は、「軽い気持ちで行動は取らないよ。良いオペレーションだと思うから動くんだ」とコメント。獲得に向けて強い意欲を示しているだけに、ミラン側はイングランドでの直接交渉で条件を上乗せし、移籍問題の決着を目指すと見られている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA