FOLLOW US

恩師アンチェロッティ率いるパリSGがパトに28億円のオファーを提示

 ミランに所属するブラジル代表FWパトに対し、パリSGが獲得オファーを提示したとイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。

 同紙は、パリSGが移籍金2800万ユーロ(約27億5000万円)に出来に応じたボーナスを加えて、パトの獲得を申し入れたと報道。しかし、ミランはパトの移籍金の最低額を4000万ユーロ(約39億円)に設定し、両者の移籍金の額には隔たりがあるとも伝えている。

 パリSGの指揮官には、元ミランのカルロ・アンチェロッティ監督が就任。パトとは師弟関係にあることから、移籍が実現する可能性はあると見られている。また、パト自身も今シーズン、負傷もありリーグ戦で9試合1得点にとどまっていることから、出場機会を求めて移籍の可能性が報じられている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA