FOLLOW US

レアルがベンゼマの決勝点で国王杯準々決勝に進出

 コパ・デル・レイのベスト16セカンドレグが10日に行われ、レアル・マドリードはマラガとアウェーで対戦した。

 レアル・マドリードがホームでのファーストレグを3-2で制してセカンドレグを迎えた。前半を0-0で折り返し、後半もスコアレスで進んでいたが、72分に試合が動く。ゴンサロ・イグアインに交代して出場したカリム・ベンゼマがネットを揺らし、レアル・マドリードが先制に成功する。

 結局、ベンゼマが挙げたゴールが決勝点となり、試合はレアル・マドリードが1-0で勝利。2戦合計でも4-2としたレアル・マドリードが、準々決勝に進出した。

 その他の試合では、日本代表MF家長昭博が所属するマジョルカが、ホームでレアル・ソシエダと対戦。マジョルカが6-1と勝利し、2戦合計では6-3となり、ベスト8に勝ち残った。なお、家長は、ベンチ入りメンバーから外れている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA