FOLLOW US

痛恨のドローでレアルと勝ち点5差…グアルディオラ「簡単ではない」

 8日にリーガ・エスパニョーラ第18節が行われ、バルセロナはアウェーでエスパニョールと1-1で引き分けた。これで、首位レアル・マドリードとの勝ち点差は5に広がっている。

 バルセロナのジョゼップ・グアルディオラ監督は、レアル・マドリードが完璧な結果を残しており、勝ち点5差を取り戻すのは容易ではないとコメントしている。

「この差を取り戻すのは簡単ではない。マドリーは完ぺきな結果を残しているからね。ただ先は長く、試合も数多く残されている。今私たちがなすべきことは、犯したエラーから学び、これまでの良い仕事を続けていくことなんだ」

「エスパニョールのプレーは非常に良かった。全般的に難しい試合となったなかで、後半は私たちが試合を良くコントロールしていたと言える。ただ相手エリアへは多く迫れてはいなかった。同点後は良いリアクションを見せたものの、少し遅かった。私にはこのチームへ不満を抱くことはできないよ」

 試合終了間際には、FWペドロ・ロドリゲスのシュートがエスパニョールDFラウール・ロドリゲスの手に当たったものの、主審はハンドを取らず。これについてグアルディオラ監督は、「フットボールでは、こういった事に打ち勝っていかなければならない。我々に審判はコントロールできない」と話している。

[写真]=兼子愼一郎

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO