2012.01.08

オシムの愛弟子がボスニア・ヘルツェゴビナ代表監督を続投

 ボスニア・ヘルツェゴビナサッカー協会(NFSBiH)は6日、サフェト・スシッチ監督と新契約に合意したことを発表した。『UEFA.com』が伝えている。

 スシッチ監督はボスニア・ヘルツェゴビナ代表を率いて、ユーロ2012予選を戦ったが、プレーオフでポルトガルに敗戦。本大会出場を逃していた。

 元日本代表監督で、NFSBiH正常化委員会の委員長であるイビツァ・オシム氏は、「スシッチ監督の続投により、選手とファンに希望を与えたかった。 我々すべてにとって、今度のワールドカップ予選は、かつてない成果を手に入れるチャンスとなる」と、スシッチ監督続投の理由を語っている。

 スシッチ監督は現役時代に、オシム監督が率いたユーゴスラヴィア代表のメンバーとして、1990年イタリア・ワールドカップに出場していた。

 ボスニア・ヘルツェゴビナは、2014年ブラジル・ワールドカップのヨーロッパ予選では、グループGに割り振られ、ギリシャ、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、スロバキアと同居している。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング