2012.01.08

エトー、代表戦ストライキで科せられた15試合出場停止処分が大幅軽減

 カメルーンサッカー連盟は7日、同国代表キャプテンでアンジ・マハチカラに所属するFWサミュエル・エトーに科していた15試合の代表戦出場停止の処分を、8カ月間の出場停止に変更することを発表した。

 この結果、エトーの出場停止処分は、2013年アフリカ・ネイションズカップの予選2試合と2014年ブラジル・ワールドカップの予選2試合の計4試合に軽減されることになった。

 カメルーン代表は、昨年11月15日にアウェーでアルジェリア代表との国際親善試合を行う予定となっていたが、ボーナスの支払いがなされていないことから選手達が出場を拒否。試合は中止になっていた。

 エトーはストライキを主導したとして、同国サッカー連盟から代表戦15試合の出場停止の厳罰が下されていたが、選手会や元カメルーン代表FWのロジェ・ミラ氏が連盟を批判していた。

 なお、エトーとともに処分が科せられていた、副キャプテンでアヤックスに所属するMFエヨング・エノーの2試合の出場停止は1試合に、トッテナムに所属するDFブノワ・アス・エコトに科せられた罰金処分は、取り消しとそれぞれ変更されている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング