2012.01.08

3カ国共同、万全のセキュリティ

 世界最高の舞台には、世界最高の警備体制が敷かれる。というわけで、2008-09シーズンにローマで行われたUEFAチャンピオンズリーグ決勝には、ファイナルに進出した両チーム(バルセロナとマンチェスター・ユナイテッド)の当事国であるスペインとイングランドから援軍部隊が派遣された。

 3カ国の警察は協力体制を敷き、サポーターの行動を監視したり、移動状況を把握することでスタジアム内外の安全確保に努めた。会場であるスタディオ・オリンピコでは、北側の観客席がマンチェスター・U、南側の観客席がバルサのサポーター用に分けられ、最寄り駅からのゲートまでの動線も明確に区分された。また、スタジアムとその周辺ではアルコール販売が禁止となった。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング