2012.01.07

浮上のきっかけをつかみたいマラガが心機一転を図るアトレティコ・マドリードを迎え撃つ

 マラガは現在、7勝3分6敗。ウィンターブレイク前の3試合で1分2敗、第13節後には5位につけていたものの徐々に順位を落としてきている。現地時間今週水曜日に行われた国王杯で、レアル・マドリードの本拠地サンティアゴ・ベルナベウに乗りこんだマラガは、前半で2得点をマーク。リードして後半へ持ち込むも、レアル・マドリードに本来の力を見せつけられ逆転を許し、2-3で敗戦を喫した。ここで粘りを見せ、浮上のきっかけをつかみたい。

 コパ・デル・レイのレアル・マドリード戦で得点を挙げたDFマルティン・デミチェリスは、「この試合結果をポジティブにとらえるべきだし、アトレティコ・マドリード戦へ向けてメンタル面もポジティブに持っていくべきだ。レアル・マドリード相手に互角に戦ったんだし、自信をつけるために役立てなければならない」とチームを牽引する。MFジュリオ・バチスタの復帰にはまだ1カ月ほどかかるが、チーム全体で盛り返しを図りたい。

 アトレティコ・マドリードはヨーロッパリーグで決勝トーナメント進出を果たしたものの、リーグ戦では現在5勝4分7敗、10位と低迷。昨年末、グレゴリオ・マンサーノ監督を解任し、元アルゼンチン代表MFで、自身も現役時代にプレーしたディエゴ・シメオネ氏を新監督として招聘することを発表した。

 MFフアンフランは「シメオネ監督は私たちとサポーターと同じようにチームのことを思っているし、同じピッチの中にいるようにも見えるだろう。私たちはとても満足している」と胸の内を明かした。目標でもあるチャンピオンズリーグ進出圏内へ向けてここから反撃が始まる。なお、MFホセ・アントニオ・レジェスの古巣セビージャへの移籍が決まった。

【予想スタメン】
・マラガ[4‐4‐2]
GK:13.ウィルフレド・カバジェロ
DF:2.へスス・ガメス(21.セルヒオ・サンチェス)、5.マルティン・デミチェリス、14.ヨリス・マタイセン、15.ナチョ・モンレアル
MF:12.サンティ・カソルラ、8.ジェレミ・トゥララン、17.ドゥーダ(26.フアンミ)、22.イスコ
FW:23.ホセ・サロモン・ロンドン、7.ホアキン・サンチェス(11.セバスティアン・フェルナンデス)

・アトレティコ・マドリード[4‐5‐1]
GK:13.ティボー・クルトワ
DF:20.フアンフラン(21.ルイス・ペレア)、2.ディエゴ・ゴディン、18.アルバロ・ドミンゲス(23.ミランダ)、6.フィリーペ・ルイス
MF:4.マリオ・スアレス(5.チアーゴ)、14.ガビ(12.パウロ・アスンソン)、8.エドゥアルド・サルビオ、22.ジエゴ、11.アルダ・トゥラン
FW:7.アドリアン・ロペス(9.ラダメル・ファルカオ)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る