2012.01.07

新年1発目から実現したバレンシアダービー…対照的な状態の2チームがぶつかる

 一時は復調の兆しが見られたものの、ここ4試合は1分3敗と負けがこみ、降格圏と同勝ち点の17位まで順位を落としたビジャレアル。シーズン序盤から戦列を離れていたFWニウマール、MFカーニら攻撃の核が復帰した後もなかなか結果を出せず、セグンダB(3部相当)のミランデス相手に敗退した年末のコパ・デル・レイ直後にファン・カルロス・ガリード前監督が解任されるに至った。

 この試合がデビュー戦となるフランシスコ・モリーナ新監督はガリードと同じくビジャレアルBから昇格する形で今季終了までの契約を結んだ。だが長年クラブで育成に関わってきた前任者とは違い、モリーナはバレンシアやアトレティコ・マドリード、デポルティーボ・ラ・コルーニャにレバンテと多数の1部クラブの環境を経験している。そんな彼がパスサッカー一筋でやってきた選手達を使ってどのようなサッカーを目指すのか、その初陣に注目したい。

 対照的にバレンシアはチャンピオンズリーグ敗退が決まった直後の16節ベティス戦こそ敗れたものの、年内最後の前節マラガ戦は2‐0で勝利。4位レバンテと勝ち点4差、2位バルセロナとも同4差の3位をキープしている。

 十分な準備期間を経てこのバレンシア州ダービーを迎えるビジャレアルとは違い、バレンシアのネックは木曜夜に行われたセビージャとのコパ・デル・レイだ。オフ明け早々から強豪相手に中2日の連戦を強いられるのは明らかなハンディキャップであり、ウナイ・エメリ監督は持ち駒を総動員して乗り越えなければならないだろう。

 注目は何と言っても今季絶好調のFWロベルト・ソルダード。バルセロナのFWダビド・ビジャの長期離脱により今まで以上に代表待望論が高まっているエースは、ユーロ2012というビッグイベントが控える年で好スタートをきることができるだろうか。

【予想スタメン】
・ビジャレアル [4‐4‐2]
GK:13.ディエゴ・ロペス
DF:6.アンヘル・ロペス(12.クリスティアン・サパータ)、2.ゴンサロ・ロドリゲス、5.カルロス・マルチェナ、3.ジョアン・オリオル
MF:20.ボルハ・バレーロ、19.マルコス・セナ、21.ブルーノ・ソリアーノ、10.カーニ
FW:9.マルコ・ルベン、7.ニウマール

・バレンシア [4‐2‐3‐1]
GK:1.ジエゴ・アウヴェス
DF:2.ブルーノ・サルトール、4.アディル・ラミ、18.ビクトル・ルイス、17.ジョルディ・アルバ
MF:6.ダビド・アルベルダ、10.エベル・バネガ、19.パブロ・エルナンデス、7.ジョナス、22.ジェレミ・マチュー
FW:9.ロベルト・ソルダード

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る