2012.01.06

クラシッチにチェルシー、インテル、トッテナムが熱視線…代理人 が明かす

 ユヴェントスに所属するセルビア代表MFミロシュ・クラシッチの代理人は、チェルシー、インテル、トッテナムという3つのビッグクラブがクラシッチ獲得の意志を示していることを明らかにした。イタリア紙『calcio mercato』が報じている。

 現在27歳のクラシッチは、2010年の夏にCSKAモスクワから加入。幼い頃からユヴェントスファンだったクラシッチにとっては、憧れのチームでのプレーとなったが、最近は試合出場から遠のき、1月の移籍が有力視されていた。

 クラシッチは近日中にもユヴェントス側と会談に臨むと見られており、代理人が今後の動向を語っている。

「ミロシュは数日中にも(ジュゼッペ)マロッタと会談するだろう。そこで、クラブ側が彼に何を求めているのか、このままチームに残ってもらいたいのか、移籍するのか、移籍するとしてもレンタルなのか、詳しく話し合われるはずだ。現時点では、チェルシー、インテル、トッテナム、そしてフェネルバフチェが彼に関心を示している」

 また、ロシアリーグへの復帰も噂されているが、その可能性に関してはきっぱりと否定した。

「具体的なチーム名は出せないが、ロシアの3チームも獲得を狙っている。ただ、ミロシュは現在ロシアに戻ることを望んでいない。ユヴェントスに残留する可能性もまだ残っているので、色々な案を考慮したいと思う」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る