2012.01.05

ファーガソン監督は連敗にも動じず「パニックを起こす時期ではない」

 マンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督は、連敗を喫し、首位シティーに勝ち点で並べなかった現実を踏まえながらも、「まだパニックを起こす時期ではない」と語った。

 シティーがリヴァプールに3-0で勝った翌日、ユナイテッドはアウェーでニューカッスルに敗退。奇しくもスコアは、同じく0-3だった。

「われわれが負けて、彼ら(シティー)が勝ったわけだから、当然相手にとってアドバンテージとなっただろう」

「だが、まだパニックを起こす時期ではない。冷静に現状に対応するだけの経験があるからね。ただ、これで3月と4月は勝ちを重ねていかないといけなくなった」

 新年早々の試合で敗れたことについては、「良い結果ではない」とした監督だが、まだ希望はあると主張。

「2、3人が復帰したことはプラスだ。今後も1、2人が復帰すれば尚良い。それだけでも大分状況は変わるはず」

 敗れはしたが、監督は1点目となったデンバ・バのボレーシュート、そして後半開始早々にヨアン・カバイェが決めたFKを絶賛している。

「われわれも序盤から攻勢に出ていたが、相手GKがナーニのシュート、それにウェイン・ルーニーのシュートを防いだ。あの時に決めていれば、勝っていたのはわれわれだっただろう」

「ニューカッスルは素晴らしいゴールを続けて決めた。あれでファンが盛り上がった。(バのゴールは)グレートなボレーだ。それにFKもワールドクラスで、あの2点目が致命的だった」

「ポゼッションでも圧倒出来なかったわけだし、2点目の後はチャンスもあったけれど、ラインを割れなかった。アウェーでは少ないチャンスで確実に決めなければ勝てない」

「最後のオウンゴールこそ、この試合の全てを物語っている。今日は勝ち点も取れなかったが、それだけニューカッスルがハードにプレーしたということだ。それについては疑いようがない」

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング