2011.12.29

ヘタフェのU‐23モロッコ代表MFアブデルに、国内外の強豪がこぞって注目

 ヘタフェのU‐23モロッコ代表MFアブデル・バラーダに、国内外の強豪がこぞって注目しているという。スペイン紙『マルカ』によると、国内ではレアル・マドリード、バルセロナ、セビージャ、ビジャレアルといった強豪が、海外ではアーセナルやリヴァプールといったビッグクラブが同選手の獲得を計画して いるとのことだ。

 今シーズン、パリSGからヘタフェに加入したアブデルは、ここまでのリーグ戦16試合中スタメン10試合を含む13試合に出場し、チーム2位の3ゴールを挙げている。また、U‐23モロッコ代表としても、先月から今月にかけて行われたアフリカ U‐23選手権で3ゴールを挙げ、同大会準優勝ならびにロンドン・オリンピックへの出場権獲得に貢献した。

 なお、アブデルはヘタフェと2015年6月末まで契約を結んでおり、契約解除に伴う違約金は2000万ユーロ(約20億4000万円)に設定されている。ヘタフェは、この冬の移籍市場で同選手を手放す可能性は低いものの、来年夏に好オファーが届いた場合には交渉に応じると見られている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る