2011.12.28

R・カルロスとエトー所属のアンジが新監督の就任を発表

 27日、アンジ・マハチカラは、新監督にユーリ・クラスノジャン氏が就任することを発表した。クラブの公式HPが伝えている。

 アンジ・マハチカラは、9月29日にガジ・ガジエフ前監督を解任。その後は、アシスタントコーチのアンドレイ・ゴルデエフ氏が指揮を執っていた。

 クラスノジャン新監督は、スパルタク・ナリチクやロコモティフ・モスクワ、ロシアB代表を歴任。契約期間は5年となっている。監督就任の際に、クラブを通して、コメントを発表した。

「多大な信頼を寄せてくれた役員会に感謝したい。アンジは現在、ロシア国内だけでなく世界中から注目を集めている人気の高いクラブだよ。このような環境で指揮することは、厳しく名誉であることだけではなく、非常に興味深いものでもあるね」

 アンジ・マハチカラは、2月に元ブラジル代表DFロベルト・カルロス、夏にはカメルーン代表FWサミュエル・エトーを獲得していたが、リーグ戦では首位と勝ち点13差の7位となっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る