2011.12.28

アーセナルがホームで痛恨の引き分け…4位浮上ならず

プレミアリーグ第18節が27日に行われ、FW宮市亮が所属するアーセナルは、ホームにウォルヴァーハンプトンを迎えた。

 試合は、8分にヨッシ・ベナユンのスルーパスに抜け出し、GKもかわしたジェルヴィーニョがシュートを流し込み、アーセナルが早々に先制する。

 しかし、その後に追加点を挙げられないアーセナルに対して、アウェーで戦うウォルヴァーハンプトンも反撃。38分にCKからスティーヴン・ハントがシュート。アーセナルのDFにあたったボールはゴール前にこぼれ、スティーヴン・フレッチャーがヘディングで押し込み、同点ゴールを挙げている。

 振り出しに戻った試合は、75分にウォルヴァーハンプトンのネナド・ミリヤシュが、ミケル・アルテタへの危険なタックルをしたとして、レッドカードを受け退場処分に。アーセナルはホームで数的有利に立つが、勝ち越しゴールは奪えぬままに試合は終了。

 結局1-1で勝ち点1を分け合い、アーセナルは勝ち点33で、4位のチェルシーとは勝ち点1差で5位。一方、ウォルヴァーハンプトンは勝ち点16の17位に位置している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る