2011.12.28

ザッケローニとUEFAチャンピオンズリーグ

 2010年夏に日本代表監督に就任した後、極東の国で快進撃を続けているアルベルト・ザッケローニ。彼も母国イタリアで監督キャリアを重ねる中で、UCLに何度か参戦している。

 イタリアの“北の3強”と呼ばれるミラン、インテル、ユヴェントスのすべてを率いた経験を持つザッケローニも、UCL優勝の経験はない。それどころか、決勝トーナメントに進んだことすらないのである。ミラン時代は1次リーグ敗退と2次リーグ敗退。ラツィオとインテルではグループリーグ敗退。相手チームの綿密な分析、イタリア人らしい組織守備とサイドを使ったカウンターを組み合わせた戦術など、ザッケローニの手腕はヨーロッパでも高い評価を得ているが、それでもUEFAチャンピオンズリーグ優勝は遠い夢だったのである。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る