2011.12.26

選手と監督、両方でのUEFAチャンピオンズリーグ制覇

「優秀な選手が、優秀な監督であるとは限らない」とはよく用いられる言葉だ。しかし、2つの異なる才能を兼ね備えている幸運な人間もいる。選手と監督の両方でUCL優勝を果たした経験があるのは、わずかに6人。その一人がカルロ・アンチェロッティである。

 現役時代、パワフルで頭脳的なイタリア人らしい万能型MFだった彼は、ミランの主力として1988-89シーズン、89-90シーズンにチャンピオンズカップを連覇。そして、2001-02シーズン途中に監督としてミランに戻って来ると、02-03シーズン、06-07シーズンにUCL優勝を成し遂げた。

 ちなみに、アンチェロッティのように現役時代と監督と、同じチームで欧州制覇を成し遂げたのはミゲル・ムニョス(レアル・マドリー)とジョゼップ・グアルディオラ(バルセロナ)である。一方、ヨハン・クライフはアヤックスで選手として3度優勝し、監督としては92年にバルサを欧州王座へと導いた。ジョヴァンニ・トラパットーニ(現役時代はミラン、監督ではユヴェントス)も同様。そして、選手と監督としての両方で優勝し、それを3つのクラブで成し遂げた唯一の例がフランク・ライカールトだ。彼は現役時代にミランとアヤックスで優勝、06年にはバルセロナを率いて欧州王者となっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る