2011.12.25

ラニエリ監督が前半戦を評価「チームの採点は6+」

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルのクラウディオ・ラニエリ監督が、シーズンの前半戦を振り返った。クラブの公式HPが伝えている。

 ラニエリ監督は、「良い結果を出せると、後味がいいものだよ。選手たちには大満足だね。黙って練習に打ち込んで、意地で順位を上げてくれたよ」とコメント。開幕当初は低迷したが、順位を5位まで上げて前半戦を終えた選手達を称えている。

 負傷者も戻ってくる後半戦に向けては、「どうしようもない事態になると思ったことないよ。私は常に楽観的だからね。今後の挑戦は、今まで作り上げたチームにディエゴ・フォルランとウェスレイ・スナイデルのクオリティをうまく組み入れることになる。いずれにせよ、インテルを上位に戻すことが目標だね」との意気込みを語った。

 また、前半戦の評価を問われた際には、「チームの採点? 先日も言った通り、『6+』だね。チャンピオンズリーグでの採点は、限られた試合数で修正できたから、もう少し高くなるよ」と返答。チームの出来に及第点を与えた。

 ラニエリ監督は、ジャン・ピエロ・ガスペリーニ前監督の解任にあたり、今シーズン途中にインテルの監督に就任。セリエA第5節のボローニャ戦から指揮を執り、チャンピオンズリーグではグループリーグ首位突破に導いていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る