2011.12.22

長友が鮮やか2アシスト…インテルの4連勝に大きく貢献

 選手会のストライキの影響により延期されていた第1節が21日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルはホームでレッチェと対戦し、4-1で勝利を収めた。

 3連勝中のインテルは20分、最下位レッチェに先制点を奪われるが、34分にマイコンのクロスからジャンパオロ・パッツィーニが頭で合わせて、1-1で前半を折り返す。後半開始直後の49分には、リッキー・アルバレスの絶妙なスルーパスから、途中出場のディエゴ・ミリートがシュートを流し込み逆転に成功した。

 その後も攻撃の手を緩めないインテルは、左サイドバックでスタメン出場していた長友が活躍。72分、鋭いドリブルで左サイドを突破し、エステバン・カンビアッソのゴールをアシストすると、81分には一度は倒されながらも素早く起き上がり、ゴール前に絶妙のクロスを供給。これをファーに走り込んだアルバレスが左足で叩き込み、ダメ押しの4点目を奪った。

 長友の2アシストの活躍もあり、最下位レッチェを破ったインテルが4連勝で勝ち点を26に伸ばし、首位ミランと勝ち点8差の5位で新年を迎えることになった。長友は公式戦5試合連続のフル出場を果たしている。

[写真]=Getty Images

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る