2011.12.21

象徴的な優勝カップ、ビッグイヤー

 欧州の強豪がすべてをかけて手に入れようと競うUEFAチャンピオンズリーグトロフィーは、「ビッグイヤー」と呼ばれる。大きな取っ手が耳の形に似ていることから付いた愛称だ。

 ベルンの鋳物職人ユルグ・シュタデルマンが1966年に製作したこのトロフィーを初めて掲げたチームは、翌年に優勝したセルティックだった。シルバー製のトロフィーは、高さ73.5センチ、重さ8.5キロ。選手は軽々と持ち上げているように見えるが、実際はかなり重い。表には「欧州クラブチャンピオンのカップ」との文字がフランス語で記されており、裏側には各シーズンの優勝チーム名と優勝年が掘り込まれていく。

 決勝の勝者が決まった瞬間から式典までの数分間、職人が優勝チームの名をビッグイヤーに刻む映像が全世界に流される。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
6pt
アーセナル
6pt
レスター
5pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
6pt
フライブルク
6pt
レヴァークーゼン
6pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
6pt
オサスナ
4pt
レアル・マドリード
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
3pt
ミラン
0pt
アタランタ
0pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング