2011.12.20

骨折したビジャの手術が成功…CL決勝とユーロ出場に可能性を残す

 FCバルセロナは19日、左すねを骨折したスペイン代表FWダビド・ビジャの手術が行われ、成功したことを発表した。クラブの公式HPが伝えている。

 手術後、クラブは全治には4、5カ月かかる見込みと発表。執刀したラモン・クガット医師は今シーズン中での復帰は難しいとの見解を示したが、「熱意と精神状態を考慮すれば、可能性は除外できない」とコメント。FCバルセロナが勝ち進む可能性を残す来年5月に行われるチャンピオンズリーグ決勝戦、スペイン代表が出場権を手にしている6月開幕のユーロ2012までの復帰には含みを持たせた。

 ビジャは、15日に行われた「TOYOTA プレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2011」の準決勝アルサッド戦で先発出場したが、負傷で途中交代していた。

[写真]=足立雅史

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る