2011.12.20

UEFAチャンピオンズリーグが“世界最高の選手”を決める

『フランス・フットボール』誌が主催し、世界中のジャーナリストが投票する「バロン・ドール」と、各代表監督と代表チームキャプテンの投票で決まる「FIFA年間最優秀選手賞」。この2つの個人タイトルは昨年から統合され、名称が「FIFAバロン・ドール」となった。

 その流れも多少影響しているのか、UEFAチャンピオンズリーグが受賞者を決定する大きなファクターになりつつある。カカー、クリスチアーノ・ロナウド、リオネル・メッシ……。07年以降のバロン・ドール受賞者は、すべてその年のUCL得点王だ。

 この結果から見ると、ワールドカップや欧州選手権よりも、UCLでの活躍が「世界最高の選手」として認められるための要素となっているのが分かる。UCLが世界最高峰の大会であることは、ここでも

◇過去5シーズンのUCL得点王
2006-07 カカー(ミラン)10得点
2007-08 クリスチアーノ・ロナウド(レアル・マドリー)12得点
2008-09 リオネル・メッシ(バルセロナ)9得点
2009-10 リオネル・メッシ(バルセロナ)8得点
2010-11 リオネル・メッシ(バルセロナ)12得点

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る