2011.12.19

香川がMOM&ベスト11に選出「絶妙なパスで3ゴールを演出」

 17日にブンデスリーガ第17節が行われ、ドルトムントは4-1でフライブルクに快勝。ドルトムントの日本代表MF香川真司は、先制点をアシストするなど、3得点に絡む活躍を見せた。

 前半戦最後となる試合で、香川が躍動した。7分、フリーランニングで裏へ抜け出し、ロベルト・レヴァンドフスキのゴールをアシストすると、59、70分には絶妙なスルーパスでゴールの起点となり、チームの快勝に大きく貢献。運動量も豊富で、この日チームトップとなる走行距離を記録するなど、前半戦MVPに輝いた昨シーズンを髣髴させるようなプレーを披露した。

 これを受け、ドイツ誌『キッカー』は香川にチーム最高点となる「2」を与え、マン・オブ・ザ・マッチに選出。「チームへの献身性、創造性、スピーディーな動きと思考。砂糖のような甘いパスで3ゴールの起点となった」と絶賛した。

 また、ブレーメン戦でハットトリックを達成し、今節のMVPに輝いたシャルケFWのラウール・ゴンザレスらとともに、今シーズン3度目となるベストイレブンにも選出されている。

 バイエルンと勝ち点3差の2位で前半戦を折り返したドルトムント。リーグ戦連覇を射程圏内にとらえているだけに、このプレーを持続していきたいところだ。後半戦の初戦は来年1月22日のハンブルガーSV戦となる。

■第17節ベストイレブン
GK:モハメド・アムシフ(アウクスブルク)
DF:ベネディクト・ヘヴェデス、キリアコス・パパドプロス(ともにシャルケ)、パウル・フェルハーフ(アウクスブルク)、クリスティアン・フクス(シャルケ)
MF:トニ・クロース(バイエルン)、香川真司(ドルトムント)、ラウール・ゴンザレス(シャルケ)
FW:クラース・ヤン・フンテラール(シャルケ)、マリオ・ゴメス(バイエルン)、ロベルト・レヴァンドフスキ(ドルトムント)

[写真]=千葉格

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る