2011.12.19

グアルディオラ監督「人々の記憶に残るチームだと思う」/クラブW杯

「TOYOTA プレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2011」の決勝戦が18日、横浜国際総合競技場で行われ、ヨーロッパ王者FCバルセロナと南米王者サントスFCが対戦した。試合ではFCバルセロナがサントスFCを圧倒し、4-0で勝利。世界王者の称号を手にしている。

 試合後、FCバルセロナのジョゼップ・グアルディオラ監督は以下のように語った。

「(試合後のロッカールームでは)みんな音楽を聴いていた。優勝トロフィーと一緒に写真を撮っていたよ。我々は本当に満足している。特に前半の内容にはとても満足している。ガンソとネイマールの関係を遮断できたしね。ここまで来るのは本当に大変だった。チャンピオンズリーグに勝たなければこの大会に参加できないし、日本で試合をすることは移動やスケジュールの面で大変なことが多い。今は選手たちを褒めたいし、クラブの全関係者をたたえたいと思う」

「(今日は3-7-0のシステムでしたが)本当に3-7-0ですか? それは数字の羅列ですよね。中盤を厚くしよう、とにかくゲームを支配しようと考えた。ボルジェス、ネイマールは手ごわい選手だと思っていたし、ネイマールを右でも左でも止めようと考え、それを実践できた。難しいタイトルを手に入れることができて、本当に満足している」

「世界ナンバーワンの座をキープし続けることは難しい。我々は2年前にもこのタイトルを獲得した。ナンバーワンで居続けることを実証できたのは素晴らしいことだし、素晴らしい選手たちが日々競い合い、『成長したい、素晴らしい試合をしたい』と考えている彼らの努力のおかげだと思う。私は本当に素晴らしい選手に恵まれた」

「世界一のタイトルを2度獲得した。みんなの記憶に残るチームだと思うし、選手たちも将来また、自分たちの成し遂げたことを自慢できるだろう」

「バルサには優れた選手たちがそろっている。ライバルを研究し、相手に弱点があればその弱点を突き、ボールをコントロールする。そして自分たちのチャンスを作っていく。非常にシンプルなことだ。繰り返すが、才能のある選手がそろっているし、とにかくボールをコントロールするように伝えている」

[写真]=足立雅史

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る