2011.12.19

主将プジョル「バルセロナのサッカーを披露できた」/クラブW杯

「TOYOTA プレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2011」の決勝戦が18日、横浜国際総合競技場で行われ、ヨーロッパ王者バルセロナと南米王者サントスが対戦した。試合ではバルセロナがサントスを圧倒し、4-0で勝利。世界王者の称号を手にしている。

 試合後、主将のカルレス・プジョルは以下のように語った。

「(サントスの印象は)前もって分析して、とても良いチームだと思っていた。ただ、自分たちはモチベーション高く試合に臨むことができた。サントスはスピードが遅かったので、バルサはそれを利用して勝つことができた」

「(ネイマールについて)素晴らしい選手。彼ができるだけ機能しないように抑えようとした。うまく抑えることができて、満足している」

「簡単な勝利ではなかったが、素晴らしいタイトルを手に入れることができた。90分間試合を支配し、バルサのサッカーを披露することができた」

[写真]=足立雅史

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
72pt
リヴァプール
57pt
マンチェスター・U
56pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
40pt
フランクフルト
39pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
65pt
アトレティコ・マドリード
55pt
レアル・マドリード
51pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
66pt
ユヴェントス
65pt
インテル
51pt
欧州順位をもっと見る