2011.12.19

グアルディオラ監督「史上最強?歴代チームがあって我々がいる」/クラブW杯

「TOYOTA プレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2011」の決勝戦が18日、横浜国際総合競技場で行われ、ヨーロッパ王者バルセロナと南米王者サントスが対戦した。試合ではバルセロナがサントスを圧倒し、4-0で勝利。世界王者の称号を手にしている。

 試合後、バルセロナのジョゼップ・グアルディオラ監督は以下のように語った。

「(日本での勝利が今後のシーズンにどんな意味をもたらすか?)今日の優勝でチームが何かをあきらめたら私は驚いてしまう。我々はこれからも勝ち続けるつもりだし、今まで見せてきたように、成長していくつもりだ。今後も質の高いサッカーをしていくことに自信をもっているし、選手たちはハングリーであり続ける」

「とにかく長い間、選手たちはとても高い次元でプレーできているし、この大会でもそれを披露することができた。(高い次元を継続することは)あらゆるクラブが試みることだが、それはたやすいことではない。選手たちは競争し、日々、自分を高めようとしている。カタルーニャに帰った後も次のカップを目指してがんばる。それが我々の目標だ。こんなに素晴らしい選手たちの指揮を執れて本当にうれしく感じている」

「前半は特に素晴らしかった。選手たちは自分たちの攻撃エリアが分かっていた。特に(リオネル)メッシがそれを理解していた。メッシはアーティストのようだ。彼は我々が頭に描いたことを現実のものにする。今日の結果がそれを証明している」

「サントスはあまり上がってこられなかった。一対一でボールを競り合う場面はあったが、我々はゲームを支配した。サントス戦は5試合程度見たが、ネイマールにボールを渡してはいけないと思った。ボルジェスやネイマールを封じられたことも大きかったと思う」

「シャビはとても良い状態にある。メッシと比較したくはないが、ともに素晴らしいプレーをした。(カルレス)プジョルも(ビクトール)バルデスも、みんなが素晴らしいレベルの仕事をした」

「このタイトルをダビド(ビジャ)とティト(ビラノバ助監督)に捧げたい。2人がいなくて寂しく感じているし、今晩、ビジャともう一度話したい。(ビジャへの激励Tシャツは)選手のアイデアです。選手たちの意志でシャツを着ました。彼の負傷は今回の遠征で最も残念なこと。ただ、彼は強い選手。すぐに戻ってくるはずだ」

「(今のチームが史上最強か?)それは分からない。ここまで来るのはたやすいことではないし、前の時代のチームの頑張りがあるからこそ、我々はここまでたどり着けた。今のチームが良い状態にあることは事実だが、最強かどうか、その評価は他の人に任せたい」

「ホテルに着いたらお寿司があるはずなので、それを堪能して明日カタルーニャに帰りたい」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る