2011.12.18

C・ロナウド、3得点で批判を一蹴「何を言われようが構わない」

 リーガ・エスパニョーラ第17節が17日に行われ、レアル・マドリードはアウェーでセビージャと対戦し、6-2で快勝。首位で前半戦の折り返しを決めた。

 今シーズン5度目のハットトリックを達成し、勝利に大きく貢献したレアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、クラブの公式HPで快勝した試合について振り返った。

 C・ロナウドは、「自分のことを何と言われようが構わないね。僕は自分自身の仕事をして、よく集中できている。チームは良いプレーをしたし、やる気にもあふれているんだ」とコメント。前節、バルセロナとの“クラシコ”に敗れた際には、決定機を外したC・ロナウドに対して批判が集中していたが、すぐさまプレーで答えを出した格好となった。

 また、首位に再浮上したことには、「目標は果たしたね。勝ち点差3をつけてクリスマスに入ることができる。難しい試合だったが良いプレーをすることができ、チームの出来には非常に満足しているよ」と、年内最後のリーグ戦を快勝で締めくくったことを喜んだ。

[写真]=Getty Images

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る