2011.12.18

V・ペルシー加入当初を振り返るヴェンゲル「主将になるとはね」

 アーセナルのアルセーヌ・ヴェンゲル監督が、ここまでリーグ戦15試合で15ゴールと得点を量産しているオランダ代表FWロビン・ファン・ペルシーを絶賛した。クラブの公式HPが伝えている。

 ヴェンゲル監督は、「私から見て、ロビンは偉大なリーダーだと言えるよ」とコメント。大黒柱として活躍する姿に目を細めている。

 ただ、チームに加入した当時については、「誰もがこうなるとは考えなかったと思うね。そこが彼の素晴らしさでもあるんだ」と語り、その成長ぶりを明かしている。

「もしも7~8年前に聞かれていれば、私も彼がキャプテンになるとは予想できなかったと思う。これは彼への称賛だよ。彼の成長の仕方は本当に飛びぬけているんだ。一人の人間として、そして選手としてもね」

 ファン・ペルシーは2004-2005シーズンにフェイエノールトからアーセナルに加入し、今シーズンからはバルセロナに移籍したスペイン代表MFセスク・ファブレガスの後を受けて、キャプテンに就任。驚異的なペースでゴールを重ね、チームをけん引している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る