2011.12.17

槙野、4試合ぶりに出場するもケルンは10人のバイエルンに完敗

 ブンデスリーガ第16節が16日に行われ、MF宇佐美貴史が所属する首位のバイエルンはホームで日本代表DF槙野智章が所属するケルンと対戦した。

 試合は、33分にフランク・リベリーが2枚目の警告を受け、退場。前半からバイエルンが数的不利での試合を余儀なくされる。

 しかし、スコアレスで前半を折り返すと、後半にはバイエルン攻撃陣が爆発。48分に相手のミスからボールを奪うと、トーマス・ミュラーのパスを受けたマリオ・ゴメスが押し込み、先制ゴールを奪取。続く63分にもCKからのボールをダヴィト・アラバが蹴り込み、バイエルンが追加点を奪う。

 試合終了間際の88分にも、トニ・クロースが巧みなシュートでチームの3点目を挙げ、3-0でタイムアップ。バイエルンが1人少ないながらも、快勝を収めてシーズンの前半戦を首位で折り返している。

 なお、槙野はベンチスタートだったが14分から途中出場して、4試合ぶりにピッチに立った。一方、宇佐美はベンチから外れている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る