2011.12.16

トッティが退団発言を撤回か「クラブと素晴らしい未来を示したい」

 ローマ退団を示唆した元イタリア代表FWのフランチェスコ・トッティが、クラブのクリスマスパーティーに出席し、クラブの未来についてコメントした。

 トッティは、「自分たちが望むような結果を残せていないが、このクラブとともに順位を上げ、自分たちには素晴らしい未来があることを示したいんだ」とコメント。さらには、「今シーズンはうまく物事が運べていない。この苦しい状況から早く脱出できることを願っている」と、現在10位と苦しむチーム状況について語っている。

 先日、「ローマから離れることを考えている」と発言していたトッティだが、その発言を打ち消すような今回のコメントに、ヴァルテル・サバティーニSD(スポーツ・ディレクター)は、「トッティは非難に傷つき、つい本音が出てしまっただけではないか。彼がローマを去ることもないし、ローマが沈むことは絶対にない。彼はローマの代表であり続ける」とコメント。
 
 フランコ・バルディーニGM(ゼネラル・マネージャー)も、ユヴェントス戦でPKを失敗したトッティを擁護。「ミスを犯す選手はPKを任された選手だけ。責任を背負ってペナルティースポットに向かっている選手を非難してはならない」と話している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る