2011.12.16

前日本代表監督の岡田氏が中国の杭州緑城の監督に就任決定

 中国の杭州緑城は15日、前日本代表監督の岡田武史氏を新指揮官に迎えたと発表した。契約期間は2012年までの1年。日本人監督が中国のクラブを率いるのは初めてとなる。また、日本代表の技術委員長を務めていた小野剛氏のコーチ就任も併せて発表している。

 1998年フランス・ワールドカップ最終予選で、加茂周監督の後を引き継ぎ日本代表の監督に就任した岡田氏は、日本を初のワールドカップ出場に導き、1999年には札幌の監督に就任。2003年からは横浜FMの監督を務め、リーグ2連覇を達成した。2007年からは再び日本代表を指揮し、2010年南アフリカ・ワールドカップでは日本をベスト16へと導いていた。

 契約のために中国を訪れていた岡田氏は、一度日本に帰国したあと、再び中国に渡り、25日に就任会見を行う予定。

 杭州緑城は2010年に中国スーパーリーグ4位に入り、今季のアジア・チャンピオンズリーグに出場するも、グループリーグで敗退。国内リーグ戦も8位に終わっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
89pt
リヴァプール
88pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る