2011.12.16

2得点を挙げたバルサのアドリアーノ「先制点は自分に運があった」/クラブW杯

 15日に「TOYOTA プレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2011」の準決勝が行われ、欧州王者のFCバルセロナがアジア王者のアルサッドを4-0で下した。

 以下、2得点をマークしたバルセロナDFアドリアーノのコメント。

「(先制点の場面、相手のGKは少し穴だった?)そうは思わない。あの得点の場面では彼にとっては不運で、自分に運があったということ。今日のゴールは妻と二人の子どもたち、いつも自分のことを支えてくれている人たちに捧げたよ」

「(ボールを失ってからのプレスの意識が得点につながった?)その通りだと思う。それは監督が僕ら選手に求めていることでもある。少なくとも自分はピッチに出る時には監督のリクエストに応えられるよう最大限の力を出そうとしている」

「(決勝のサントス戦はいい状態で迎えられる?)そう思うし、当然だ。数日休むことができるので、時差の調整もできるだろう。誰もが望む決勝に向けては、100パ-セントの状態で迎えられるはずだ」

「(ダビド・ビジャが骨折したが?)とにかく決勝で勝って彼にタイトルを捧げたい。(交代で入ったアレクシス・サンチェスも交代したが?)分からないけれど、アレクシスはあくまで大事をとっての交代だと思うよ」

[写真]=足立雅史

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
86pt
リヴァプール
85pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
66pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
61pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る