2011.12.15

番狂わせを警戒するバルサ監督「今年も例外ではない」/クラブW杯

 15日に「TOYOTA プレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2011」準決勝を控えるFCバルセロナのジョゼップ・グアルディオラ監督が、前日記者会見に臨んだ。クラブの公式HPが伝えている。

 優勝候補の最右翼と予想されているFCバルセロナ。しかし、グアルディオラ監督は、前回大会でインテルナシオナル(ブラジル)が準決勝でマゼンペ(コンゴ民主共和国)に敗れたことを例に挙げ、アルサッドを警戒している。

「以前から、我々は全ての試合に勝利する義務があると感じ、毎試合をプレーしてきている。そして我々は非常にうまくやれていると思う」

「今はアルサッドを少しでも分析しようとしているところだね。プレーに集中しなければならないし、昨年は番狂わせが起こっているから、今年も例外ではないだろう。スポーツにおいて成し遂げたことを考えるのは、何の役にも立たないんだ」

「決勝でプレーする可能性はあるが、それは自分たちで勝ち取るものだよ。世界王者になる新たな機会があることは名誉であり、それにふさわしいプレーをしなければならないね」

「準決勝はバルサにとっても非常に重要だが、アルサッドにとっても同じことだね。彼らは勢いがあるチームで、身体能力が高く、前線はスピードがあって空中戦を得意としている。ボールもよく動き、中盤の選手たちはタフで豊富な運動量を持っている」

「我々はピッチを広く使おうと思っているよ。アルサッドは、パスは多くはないが、カウンターでのロングボールは厄介になるだろうね。激しく速いプレーができるかが、我々にとってポイントになるよ」

「時差は心配事のひとつだね。我々がどのような状態になっているか読めないんだ。他のチームに比べると準備期間は少ないし、朝の3時や4時に目を覚ます選手もいる。メンタルで睡眠不足をコントロールし、良い試合ができるかを見てみるよ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
86pt
リヴァプール
85pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
66pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
61pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る