2011.12.15

ガンソのプレーに感服する柏・大谷「質が違いすぎた」/クラブW杯

「TOYOTA プレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2011」の準決勝が14日に行われ、柏レイソルとサントスFCが対戦。ネイマールが芸術的なシュートを決めるなどサントスFCが3-1で柏レイソルを下して決勝進出を決めた。

 敗れた柏レイソルの大谷秀和と澤昌克は以下のように語っている。

大谷
「相手のボールタッチは素晴らしかったし、シュートを打つまでが速かった。改めて個人の能力の高さを見せつけられた」

「チームとしては良い入り方だった。ボールも動かせていたし、モンテレイと戦ったことでイメージしやすかった。戸惑いもなかった」

「ネイマールとはあまりマッチアップしなかったけど、ガンソは質が違いすぎる。サイズもあって、懐のすごく深いところでボールキープするので、ガンソのところで試合が落ち着くのがサントスにとって大きいと感じた」


「(1本目のシュートは)入ったと思った。コース重視で打ったし、相手のGKも完全に見送っていんですけどね。で、ポストに当たって跳ね返った位置もよかったんですけど、こういう時に限って誰も詰めていない……悔しいです」

「でも、シエンシアーノ時代にフラメンゴとやった時よりも手ごたえはありました。チームとしても団結して戦えましたし、僕自身もあの時よりいいプレーができました」

[写真]=兼子愼一郎

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る