FOLLOW US

岡崎、宇佐美ともに出場なし…バイエルンがシュトゥットガルトを下す

 11日、ブンデスリーガ第16節が行われ、日本代表FW岡崎慎司が所属するシュトゥットガルトとMF宇佐美貴史が所属するバイエルンが対戦した。

 試合は、6分にクリスティアン・ゲントナーのゴールで、ホームのシュトゥットガルトが先制に成功。しかし、首位のバイエルンもすぐさま反撃し、13分にフランク・リベリーのクロスをマリオ・ゴメスがダイレクトで合わせ、試合を振り出しに戻す。

 同点に追いついたバイエルンは、シュトゥットガルトが退場者を出したことで、数的有利になり、57分には勝ち越し点を奪取。フィリップ・ラームのアシストから、マリオ・ゴメスがこの日2点目を突き刺している。

 結局、マリオ・ゴメスの2点目が決勝点となり、試合は2-1でバイエルンが勝利。首位をキープしている。

 なお、岡崎はベンチ入りしたが出場機会は訪れず、宇佐美はベンチから外れている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO