FOLLOW US

CLで敗退したマンU・ファーガソン監督「ELでの優勝を目標にする」

 05-06シーズン以来となるチャンピオンズリーグ・グループリーグでの敗退が決まったマンチェスター・U。グループCの3位となったことでヨーロッパリーグに回ることになり、アレックス・ファーガソン監督が大会に向けた意気込みを語った。クラブの公式HPが伝えている。

 ファーガソン監督は、「(ヨーロッパリーグも)レベルが高い大会だ。決勝トーナメントに出場が決まっているチームを見ればわかることだよ」と語り、大会を軽視していないことを強調。しかし、「先日も言ったように、この大会に回ったことは、我々自身が招いた結果だね。この20年間、我々は常にチャンピオンズリーグのことを考えていた。ヨーロッパの王者となることだけを考えていたからね。我々にとっての罰は、その大会に今シーズンはもう出られないということだよ。なにしろ、この4年間で3度も決勝に進出したのだから、落胆も大きいよ」と続け、早期敗退を嘆いた。

 それでも「ヨーロッパリーグは決して簡単な大会ではない。我々は優勝を目標にしている」と、意気込み、「優勝のためには、しっかりとした準備が必要だね。もちろん選手の入れ替えも行うつもりだよ。もしそれが機能して勝ち進めば、決勝まで8試合を戦うということになるね」と語り、優勝への道筋を描いた。

 マンチェスター・ユナイテッドは7日のチャンピオンズリーグのグループリーグ最終節でバーゼル戦にアウェーで1-2と敗戦。グループCの3位となり、チャンピオンズリーグのグループリーグで姿を消していた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO