2011.12.11

アルサッドがエスペランスを下す…準決勝でバルセロナと対戦

「TOYOTA プレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2011」が11日に行われ、準々決勝でアフリカ王者のエスペランスと、アジア王者のアルサッドが対戦した。

 試合は33分、シュートの跳ね返りをハルファン・アルハルファンが押し込み、アルサッドが先制する。さらに49分にはアブドゥラ・コニが追加点を奪取。リードを2点に広げる。

 反撃したいエスペランスは60分、ウサマ・ダラギが決めて1点差に詰め寄り、再三アルサッドのゴールを脅かす。しかし、ゴールネットを揺さぶりながらオフサイドと判定されるなど、最後まで追加点は奪えず。

 結局、エスペランスの反撃をしのぎ切ったアルサッドが2-1で勝利し、準決勝へと駒を進めた。この結果、アルサッドは15日に行われる準決勝で、ヨーロッパ王者のバルセロナと対戦する。

[写真]=足立雅史

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る