FOLLOW US

バルセロナ、激戦の“クラシコ”でレアルに逆転勝利し首位に浮上

 リーガ・エスパニョーラ第16節が10日に行われ、レアル・マドリード対バルセロナの“クラシコ”が開催された。

 首位と2位の激突ということもあり、注目を集めた試合は1分に動く。バルセロナのGKビクトール・バルデスが信じられないようなミスパスでレアルにボールを供給してしまう。最後はカリム・ベンゼマが押し込み、思わぬ形でレアルが先制した。

 しかしバルセロナは徐々に支配力を高めていくと、30分、リオネル・メッシがドリブルを開始。中盤を切り裂いてスルーパスを出すと、アレクシス・サンチェスが右足を振りぬき、同点に追いつく。

 攻勢をかけるバルセロナは53分、シャビ・エルナンデスのボレーシュートがリフレクトし、ゴールに吸い込まれて逆転に成功。さらに66分、ダニエウ・アウベスのクロスボールにセスク・ファブレガスが飛び込み、3点目を記録してレアルを突き放す。

 その後、反撃したいレアルだったがバルセロナの守備陣を崩せずに試合は終了。バルセロナが3-1で“クラシコ”を制し、首位に浮上。勢いをつけて、クラブ・ワールドカップ参戦のために日本へ向かうこととなった。

[写真]=Getty Images

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO