FOLLOW US

長友が今季初ゴールを奪取しインテルはフィオレンティーナに勝利

 セリエA第15節が10日に行われ、インテルはフィオレンティーナと対戦し、日本代表DF長友佑都は左サイドバックで先発出場した。

 前節、ウディネーゼに敗れ、チャンピオンズリーグも含めて2連敗中のインテルだったが、41分、コウチーニョのパスにジャンパオロ・パッツィーニが反応。先制ゴールを奪取する。

 そして、迎えた49分、長友は鋭いオーバーラップを披露。パッツィーニのパスを受けてワンタッチでディフェンスラインの裏へ抜け出す。ややトラップが長くなり、相手DFにクリアされてしまうが、クリアボールが長友にあたり、そのままボールはゴールへと吸い込まれた。長友にとっては嬉しい今シーズン初ゴールに。

 結局、長友の追加点もあり、優位に試合を進めたインテルは、2-0で勝利。フィオレンティーナを下して公式戦3試合ぶりの勝利を手にしている。

[写真]=Getty Images

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO