FOLLOW US

アーセナルがアンリの銅像を設立「冗談かと思った、言葉にならない」

 9日、アーセナルはクラブ創設125周年を記念し、レジェンド達を称えるために建造した銅像の除幕式を行った。

 建造されたものは、1925年から1934年までチームを率いたハーバート・チャップマン元監督、アーセナル一筋で19年間プレーした元イングランド代表DFトニー・アダムス、クラブ最多得点記録を持つ元フランス代表FWティエリ・アンリの3人の銅像となっている。

 除幕式にも参加したアンリが、自身の銅像が作られた感想を語った。クラブの公式HPが伝えている。

「最初に話を聞かされたときは、冗談だと思ったよ。でも本当だったんだ。実際に銅像を見たけれど、正直、今も本当なのか信じられないんだ」

「誇り、そして名誉を感じているよ。本当に光栄だね。これが事実だとわかるまで、最初は本当に冗談だと思っていたんだ。125年の歴史を持つクラブで、プレーした多くの選手の中から、スタジアムの隣に立つ選手として選ばれた事が信じられないよ」

「いつもなら言えることはあるけど、今は言葉にならないよ。この銅像の建てられ方も素晴らしいと思うね。僕のアーセナルへの思いを正確に表してくれている。銅像はエミレーツスタジアムだけじゃなく、ハイバリーの方へも向けられているね。素晴らしいよ。こうなるとは全く考えてもいなかった」

「幸運にもキャリアの中で多くのタイトルを獲れたけれど、それは全ての結果だね。何度も言ってきたように、僕はアーセナルのユニフォームで常に100パーセントのプレーをしてきたんだ」

 アンリはアーセナルに、1999-2000シーズンから2006-2007シーズンまで8年間在籍。その間にプレミアリーグとFAカップを2度ずつ優勝。プレミアリーグ得点王に4度輝き、クラブ歴代1位となる通算226ゴールを記録していた。

[写真]=Akio Hayakawa/Photoraid.uk

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO