FOLLOW US

マラガのバティスタ、右足の手術に成功も復帰までさらに6~8週間

 マラガは7日、元ブラジル代表MFジュリオ・バティスタが骨折した右足の手術に成功したことならびに、復帰まで6~8週間の時間を要することを発表した。

 10月1日に行われたヘタフェ戦で、後半ロスタイムに劇的な決勝弾をオーバーヘッドで決めたバティスタだが、その後になって右足の親指の付け根部分の違和感を訴え、ここまで既に2カ月以上戦列を離れていた。バティスタは、精密検査により種子骨を骨折していることが判明したものの、手術を行わずに治癒を待つ方針でいた。しかし、予定通りに回復しなかったことから、ついに手術に踏み切った。

 今シーズン、序盤の6試合で4勝1分1敗と開幕ダッシュに成功したマラガだが、バティスタが抜けるといきなり3連敗を喫した。だが、同選手の代わりにレギュラーに抜擢された期待の若手イスコがチームに慣れ始め、最近5試合では3勝1分1敗と調子を取り戻している。急成長しているイスコがさらに力を付け、バティスタが満を持して復帰すれば、チームとしてはけがの功名となりそうだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO