FOLLOW US

モウリーニョ監督、“クラシコ”ではイグアインではなくベンゼマを起用か

 レアル・マドリードは7日、チャンピオンズリーグのアヤックスとのアウェー戦に3-0で勝利し、グループリーグを6戦全勝で終了した。既に首位での決勝トーナメント進出を決めていたレアル・マドリードはこの日、10日のバルセロナとの“クラシコ”でのスタメンが予想される選手をほとんど温存する反面、前線ではカリム・ベンゼマとゴンサロ・イグアインを起用した。

 ツートップに並ぶことは少ない両選手だが、同時起用された際は総じて良いコンビネーションを見せており、この試合でもベンゼマのアシストからイグアインがチーム2点目のゴールを決めた。

 ジョゼ・モウリーニョ監督が、なぜこの試合で両選手をスタメンに並べたのかは、本人にしか分からない。だがスペインのメディアは、バルセロナ戦でどちらを起用するか最終チェックを行った可能性を指摘している。

 実際、モウリーニョ監督は試合後の記者会見で、“クラシコ”にはワントップで臨むことを明らかにしている。

「土曜の一戦は普通の1試合だ。クリスティアーノ・ロナウドおよび(アンヘル)ディ・マリアに加え、2人のセンターフォワードのどちらかを起用する」

なおアヤックス戦では、ベンゼマが53分でベンチに退く一方、イグアインはフル出場した。これにより、多めに休養を与えられたベンゼマが、“クラシコ”ではスタメン入りする可能性が高いと見られている。

[写真]=ムツ カワモリ

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO